9.80665m/s2 = 9.80665m/s2( 重力=等加速 ) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

新・方位の理由

「磁気コンパス」と「ジャイロコンパス」で新しく提案できる

「 方位の理由 」

宇宙空間に存在する幾つもの惑星の
公転・自転の関係には回転ルールが存在します!
決して!偶然or気まぐれで周っているわけではありません。

惑星のように「巨大・固体になった物」を想像するもっと以前に
始まりの段階で、気体・ガスなどの集合から始まるケースを
例に考えを進めて行きます。
このような、「成り始めの惑星」の気体・ガスなどの物質自体の回転も
宇宙での回転ルールに従い始めます。

物質自体が存在する事自体・「形」を形成すること事態に
「エネルギーの存在」があります。
その幾つかのエネルギー体自体の回転も「回転ルール」下にあります。

これらの現象の幾つかを
「ジャイロコンパスの現象ルール」で照合できます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
なぜ、「磁気コンパス」と「ジャイロコンパス」で
新しい方位の考え方が証明可能になるかも?・・・と言いますと。

地球を例に、地球引力圏内の存在する物質「ほぼ全て」に
回転ルールが存在・該当しています。

物質自体「形」となった物には、エネルギーが関わっています。
色んなエネルギー体の中に電荷(電気)の存在もあります。
その電荷(電気)等の回転も「回転ルール」に従っている可能性があること。

その電荷(電気)による磁場が「磁気コンパス」に反応、その反応結果が
自然現象として確認できる という考えです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「第2の考え」も終了。クライマックス!強力な「第3の考え」へ
さらにアンチ度を増していきます・・・orz
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://relaxiii.blog92.fc2.com/tb.php/35-53486537
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
translate
 
 
 
 
コメント
 
 
 
 
名 言 集
 
 


 
 
紹 介
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
自分用 お気に入り
 
 
 
 
カレンダー
 
 
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
 
リンク
 
 
 
 
Twitter
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。