9.80665m/s2 = 9.80665m/s2( 重力=等加速 ) 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

地球 自転方向「簡単」実験



北極を上に考えた場合、地球の自転方向は半時計回りです。
上か下か?右か左か?下か上か?・・・と受け止めるよりも

「公転方向により自転方向は強制する」

自然現象では公転の速度にも加速・常速・減速と起こりえるので
全ての現象の簡単な答えにはならないけれど、重要な要素(現象)です。

今回は事実の「現象」として非常に簡単な実験で
「公転と自転の関係」について証明できる事実です。

のちに、小学校の授業でも取り上げれそうな
「 簡単な実験 」です。
はたして、教育として必要なレベルかは・・・疑問です!?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この事実には、多くの要素が含まれた実験です。

電気のプラス・マイナスのような関係
物質はエネルギーと、体感できる実験
遠心力と遠心力での「興味深い」反応
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
そして、いつもどうり・・・「未来に托す」!
スポンサーサイト

重力=等加速

「右手」 人差し指を北 ・ 中指を東 ・ 親指を下 。

「方位」・「物質存在」・「力(重力)」 3つの関係
重力の理由

「磁界」・「電流」・「力」 3つの関係
フレミングの法則
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
重力≒等加速というより、重力=等加速である事。
「≒」と「=」の違い
重力は特別な力ではなく「普通の力」現在、固有名詞で存在する
「グラビトン」など神格化された名前だと、私は思っています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
フレミング右手の法則とジャイロコンパス反応現象の方向は一緒・・・!
細かな説明は致しません、いずれかの時・時代が来て証明されるでしょう!?

現在は、発達したネットワーク環境の整っているインターネットで
動画も見せる事の出来る時代となりました。
百聞は一見にしかず・・・!
基礎のジャイロ反応現象を動画で説明できる時代です。

でも・・・我が家のデジカメで撮れるのだろうか??疑問・・・

重力への挑戦

今期「 新しい考え方 」へのジャイロの現象について
「第2の考え」の説明でじつは、ほぼ終了でした。

「ジャイロコンパスの現象ルール」で
もう1つ大きな問題に関われる可能性があります。

重 力 です。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この重力を考える事は、神の領域!?
腫れ物に触る様なものと自分でも思っています。そう「おそれ多い」んです!
有名な理論物理学者アインシュタイン博士は、後半生の多くを
重力の解明にあて、他界されました。

かすっている可能性があるのなら・・・言っておこう!

理論だけでは、導き出せれなかった問題に
現実の「物」「現象」の反応でこの重力(引力)の現象解明にチャレンジです!

「第2の考え」と「第3の考え」は解明される時が来るのなら!?
2セットコンボで解明 されるでしょう。

「第2の考え」があって「第3の考え」がある。
「第3の考え」があって「第2の考え」がある!

「 方位 」があって「 重力 」がある。
「 重力 」があって「 方位 」がある!と・・・orz 。説明はまた後日!



ネスカフェチャージのCM
E=mc2よりも、博士の30年かかっていたと言われる
重力の理論展開への実験に見えてきて心打たれます。

新・方位の理由

「磁気コンパス」と「ジャイロコンパス」で新しく提案できる

「 方位の理由 」

宇宙空間に存在する幾つもの惑星の
公転・自転の関係には回転ルールが存在します!
決して!偶然or気まぐれで周っているわけではありません。

惑星のように「巨大・固体になった物」を想像するもっと以前に
始まりの段階で、気体・ガスなどの集合から始まるケースを
例に考えを進めて行きます。
このような、「成り始めの惑星」の気体・ガスなどの物質自体の回転も
宇宙での回転ルールに従い始めます。

物質自体が存在する事自体・「形」を形成すること事態に
「エネルギーの存在」があります。
その幾つかのエネルギー体自体の回転も「回転ルール」下にあります。

これらの現象の幾つかを
「ジャイロコンパスの現象ルール」で照合できます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
なぜ、「磁気コンパス」と「ジャイロコンパス」で
新しい方位の考え方が証明可能になるかも?・・・と言いますと。

地球を例に、地球引力圏内の存在する物質「ほぼ全て」に
回転ルールが存在・該当しています。

物質自体「形」となった物には、エネルギーが関わっています。
色んなエネルギー体の中に電荷(電気)の存在もあります。
その電荷(電気)等の回転も「回転ルール」に従っている可能性があること。

その電荷(電気)による磁場が「磁気コンパス」に反応、その反応結果が
自然現象として確認できる という考えです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「第2の考え」も終了。クライマックス!強力な「第3の考え」へ
さらにアンチ度を増していきます・・・orz

「磁気コンパス」と「ジャイロコンパス」



「磁気コンパス」と「ジャイロコンパス」の共通点は方位を示す道具です。

「磁気コンパス」は小学校の理科の授業でも習った
初等的な自然現象教材のひとつですが。
「ジャイロコンパス」は専門的な技術のため、興味のある人にしか
知られていない、もうひとつの「方位を知るための道具」です。

方位を「 知る 」事が、この道具の目的のため
方位を「 示す 」理由について知る事は、強く求められていません。
そのため、現在でもその「示す理由」が確定していないのが現状です。

現在、長年にわたり浸透している「 常識 」の理論
磁気コンパスは「地球のダイナモ作用」による地磁気に反応する考え方が
最も有力と言われ続けています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「磁気コンパス」と「ジャイロコンパス」の
重ね合わすことの出来る「 現象 」は多く!
その多くの条件を重ね合わせることで「ダイナモ理論」とは別の

「 違う考え方を提案 」出来る可能性があると考えています。

現社会にとって「 方位を示す理由 」はあまり重要ではないのかも知れませんが!
私にとって、ジャイロスコープで解く事ができるかもしれない
「 多くの事 」が関わっています・・・。

次回、TONDEMO記事にて
「第2の考え」の理由について記載しようと思っています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
言えば・・・言うほど・・・アンチ的になっていきますが・・・!
1つでも問題提議に残ればと、logを続けていきます。

等加速推進器

今回、仮定をこえた憶測と思惑的な表現もありますので、眉唾でお楽しみ下さい。

現在、ジャイロスコープについての取り巻く環境は
言葉で出てくる「 不思議な力 」でかたづけられる事が多く
あまりにも、置き去りにされてきた分野だと現在、私は思っています。
「コマ」は玩具であるため意識が「おもちゃ」でとどまっているのかも知れません。
前回のTONDEMO記事で、ジャイロの説明を・・・というコメントを頂き、
興味をもって頂けたことに、うれしく思いましたが、多くの事について
未定の事だらけで、答えようがないのが、「私の答え」です。
私の今期、blogでの記事は答えを出すのではなく、
答えに近づけるように「社会に働きかける」のが私の目的です。

以前、唐突に出した 「 9.80665m/s2=9.80665m/s2 」(重力≒等加速)は
多くの人がジャイロを使った移動装置にかかわる記事を考えていて
関係する・役立つ・助けになるかもしれない考え方の1つです。
その様な記事は日本語圏だけでも(webサイト・特許書類等)数十件と多く
「ジャイロの力を使った移動装置」という考えは「1つの分野」となっています。

「ジャイロの力を使った移動装置」とは何??と、分りにくいと思いますので
あまり適切ではないのですが、現在、常識の中で受け止めやすく?
使われている言葉で現すと。

反重力エンジン です。

多きな文字で書いてやったゾwww ※本当は適切ではありません。orz
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「ジャイロの力を使った移動装置」の記事・書類の多くは、
技術的 な「 物 」 として存在するものはなく、さらに多くの記事・書類は
想像するだけでもガタンorブーンorガッとなるものばかりだと思われます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
技術的なシステムユニット構築以前に
ジャイロの力を使った移動装置による「効果の一致点」がいくつかあります。

(1)現在の宇宙船に利用される推進力は「推進剤」の噴射による航行です。
推進剤利用の弱点には「限り」があり、使いきってしまったら終わりです。
ジャイロの等加速推進器では、推進剤ではなく電気による航行になり
電気は宇宙空間でも作る事が現在は可能な技術です。
簡単に想像するならば、SFチックにアニメ・ゲームなど宇宙移動は
ロケットでバシューンと飛んでいきますが、燃料ぎれがおこった場合
「船長もう燃料がありません!このまま宇宙空間を漂流するしかありません」
「わかった、我々はただちに冷凍睡眠にはいる、いつ助かるか分らないが・・・」
ちょっと違うかもしれませんが、xbox360でのhalo3をプレーした
ことのある方ならば、エンディングぽい感じでしょうか。
しかし、電気利用の等加速推進器ならば、エンディングも変わるかも!?www

(2)地球上(重力下)での利用はエネルギーのロスが多すぎる事。
移動手段で考えられる「乗り物」は抵抗を利用しない分、ダイレクトに
エネルギーを使い今の社会で、エコ的な「乗り物」に反する
高エネルギー消費装置になってしまいます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
想像と憶測の段階ですが、私はこの想像がトンデモありきの代表的なメディア
アニメ・ゲームで広まってほしい!!!というのが大きな望みです。
本当・ウソどちらでも関係なく認知効果は絶大だからです。
トンデモ兵器で有名になった「レールガン」のように
アニメ・ゲーム界でも利用価値は充分あると思います。

各界「クリエーター」の皆様! お願い致します。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
今回は「どの様なことになる?」と、未来に向けたお話のため
「憶測と思惑」の多い記事になってしまいましたが、
次回のTONDEMO記事より「第2の考え」に向けて進めていこうと思います。

最後にいつも理論・展開に相談にのって頂けるK氏にリスペクト!

「トンデモ」の、全ての始り。



この地球ゴマ( ジャイロスコープ )1つで
色々な事が「 新しく 」証明できるかもしれない!
私の中に、住みついて18年・・・

新しく得た「 3つの考え 」をプラスして
「トンデモ」から「研究対象・・・」へ! 再三再度のチャレンジです。


9.80665m/s2 = 9.80665m/s2


( 重力 ≒ 等加速 ) 単純で「 3つの考え 」の大柱!

等加速は作ることの出来る運動で
「 ジャイロスコープ 」は簡単に等加速を発生させる事ができます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
次回「トンデモ界」で取り巻く「ジャイロスコープ」の現状!!

大殺界あけました!おめでとございます。

わたくし事で申し訳ありませんが!

大殺界あけました!おめでとございます。 myself

嫁の意向もあり 「大殺界中は事を始めてはダメ!」 と
彼女の意見を尊重し耐えてきました・・・2年間!
このBLOGの本質を始める(実行する)事が
今日解禁となりどうしても1月1日・元旦に
アップさせておきたくて更新いたします。

BLOG名 TONDEMO[トンデモ]は、18年前から自分の中で
疑問に思って関わってきた、自然現象に対し告発をするため
に設立・準備してまいりました。
今までにも、過去2・3度と公然に見て頂ける機会がありましたが
進展せず、今回は「新たに3方向」からのアプローチを得て
BLOGにより発言させて頂きます。

過去の経験から、あまり期待していませんが
LOGに残すのが目的のため
ゆっくりマイペースで更新していきます。

暖かく「遠目」で見守っていて下さい。orz

昨夜の電話

Phantom Dust 風に昨夜の電話の一部を保存する。

--------------------------------------

2008.11.6 pm9:xx 電話がなる

はじめまして・・・
あなたの提出されている書類についてお聞きしたい事があります・・・
「・・・はい、わかりましたどうぞ」
xxxx xxxxx xxxxxx xxxx xx xxxxx xxxx xxxxxxxxx
xxxxxx xxxx xxxxx xx xxx。
(話をお伺いし、5年も前に提出した書類について問われた・・)
 相手/75歳/四国/男性

熱くなってこの場ではあわない、
言ってはいけないであろう事をつい言ってしまう。
-------------------------------------
「等価原理」はご存知ですか、等加速と重力の式は、
ほぼイコールであると言うことを・・・xxx xx
等加速を現状もっとも簡単に発生させることの出来る「XXXX」を
選んでいる事に自信をもって、そして続けて下さい。

xxxx xxx xxxxxx xx ・・・・・それでは、お互いに頑張りましょう。プッツ
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
translate
 
 
 
 
コメント
 
 
 
 
名 言 集
 
 


 
 
紹 介
 
 
 
 
カウンター
 
 
 
 
自分用 お気に入り
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
リンク
 
 
 
 
Twitter
 
 
 
 
RSSリンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。